Introduction

「初めの計画とは違う人生になってしまったけれど、
  自分は自分の人生を生き、ただ音楽を作りたいだけ」

ジェイソン・ベッカーは1969年アメリカのカリフォルニア州で生まれる。

日本で大人気のギタリスト、マーティ・フリードマンとコンビを組んで弱冠17歳で『カコフォニー』というメタルバンドを結成する。

20代前半、ヴァン・ヘイレンのボーカリストであるデイヴ・リー・ロスのバンドに大抜擢されるも 突然ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、アルバム1枚の参加だけでツアーはキャンセルされた。世界的成功を目の前に医師からは余命3-5年と宣告を受ける。

その後は病気の進行により体の自由が奪われるが、生きたい、音楽を作りたい、というジェイソンの不屈の意志 を家族・仲間が支え続け、作曲家として現在も創作活動を続けている。

この映画はミュージシャン、人間、ジェイソン・ベッカーの物語。

保存されている貴重な映像や家族、関係者そして本人の証言から構成される劇中には、親友マーティ・フリードマンやスティーヴ・ヴァイといった日本でも人気のあるミュージシャンが多数出演。

HotDocs、サンフランシスコ・ドキュメンタリー映画祭他多くの映画祭で上映、受賞しドキュメンタリー映画として高い評価を得ている本作。アメリカ、イギリス、台湾での公開を経て多くのファンが待つ日本で待望の公開です!